withコロナで 上司に一番求められる能力とは?

withコロナの時代になって
上司に求められる能力も変化してきます。

一番求められるものは何だと思いますか?

私は、上司の「伝える力」だと思っています。

テレワークの部下に伝える限られた時間で伝える。

など、これまで以上にわかりやすく
伝える必要が出てきます。

これまでは、上司も部下の様子を直接見て、必要に応じて
アドバイスやフィードバックを行うことができましたが
withコロナでは、それが不可能な場合もあります。

これまでのように、
「この場の空気わかれよ~」と言った
「察する」こと、「空気を読む」ことが出来なくなりました。
空気感も言語化していかなければ伝わりません。

そこで求められるのが上司の言語化力、まとめる能力なのです。

オンラインを多用するようになり、
私もわかりやすい資料を準備することはもちろん、
言葉の表現や言い回しなどの「伝え方」を
これまで以上に工夫するようになりました。

上司でなくても「伝える力」が
求められているという実感があります。

そのような状況下、現場からは、テレワークが取り入れられたことで、
上司に「逐一報告することを強要されるので疲れてしまう」、
「監視されているようでやる気が削がれる」…
などという声が聞こえてきています。

目の前にいない部下が「ちゃんと仕事しているかな」
「間違った方向に行っていないだろうか」などなど、 マネージャーとして心配になるのは当然です。

けれども、進捗や状況などの報告を部下だけに求めるのではなく 自分からも積極的に「伝え」ていくことが必要だと思います。

自分の抱えている案件の進捗や報告はもちろん、
プロジェクトの反省や問題的などの共有も、
まあ、今度みんなで顔を合わせたとき話せばいいや…などと
先送りにしないこと。空気感や想いも、言語化することです。

「的確なタイミングで伝える」
「わかりやすく(論理的に)伝える」
そんな姿を、上司自らが見せることで、部下たちも変わるはずです。

上司の「伝える力」は部下の自立につながる

「伝える力」の先にあるのは、部下の自立です。

これからは、益々部下の自立が求められます。そして
自ら判断して動くことが出来る部下を育てることが上司の責務です。

自立した部下をつくっていくためには、 まずは上司である自分自身から、伝える力を磨いていきたいですね。

もちろん、これまで通り、「傾聴」も大切です。 (→「傾聴」については、こちらのコラムをご参照くださいhttps://1on1-important.com/archives/439)

しっかり「聞いて」、そして「伝える」。

withコロナ時代にもしっかり成果を作ることができる、 そして、部下を成長させられる、
そんな上司を目指しましょう。

いち早く情報をお届け
メルマガ登録はこち