リーダーが実践する「考えない」部下の育成方法

先日、個別にサポートしている
大手企業のリーダーが
「ウチの会社は、若手を潰すのが上手い」
と皮肉を言っていました。

今日は、そのリーダーが実践している
若手の育て方をお伝えしていきます。

なぜ会社は、
「若手を潰すのが上手い」かと言うと
部下が失敗したり、やり方がわからないとき
多くの上司は、
すぐに「やり方を教える」のだそうです。

リーダー曰く、
ほとんどの上司はすぐ教えるばかりで考えさせない。
それでは、部下は
考えられるようになるわけがない。
とおっしゃっていました。

本当ですよね。
私もそう思います。

考えるチャンスを与えていないのに
「ウチの部下は、考えられない」
と言う上司。

実はこれ、意外とよくある話です。
あなたの職場ではいかがですか?

考えさせる前にやり方を教えてしまうのはNGです。

もちろん教えることが悪いわけではないですよ。
いつも言っているように、特に若手は、
「やり方がわからない」から
前に進まないこともあります。

だから、教えることもしてあげたいです。
でもそればかりではダメなんですよね。
そのさじ加減は、上司が考えなければいけません。

そのリーダーは、
部下がやるべきことが8割出来てきたら
トラブルや新しい仕事のタイミングで
「どうしたらいいと思う?」
と考えを聞いているそうです。

ある部下は、最初は
「わからない…」とか
「できない…」などと言っていたのに
途中から考えを話してくれるようになった。

また、別の部下は、
待ってました!とばかりに自分の意見を
話してくれた。

そんな出来事を教えてくれました。

最初は、どんな話でもしっかり聞く。
絶対途中で「ダメ!」とは言わない。
そうやって少しずつ部下に
「この上司になら話してもいい」と思わせたことで
自分の意見を言うようになってきた。

仕事も自分で考えてやることが
増えてきたそうです。

多くの上司たちが、考えさせずに教える、という
関わり方をしているのを見て
そのリーダーは、
上司は「部下を仕事が出来ない人」前提で、
仕事を進めているな…と感じたそうです。

最初から相手を「出来ない人」と思っていたら
成長はさせられません。
部下だって、自分は「出来る人」と思いたい。
だから、上司はまず、質問をして話を聞く。

そこからはじめているとのことでした。
このリーダーの作るチームは、
「このチームでよかった」
とメンバーたちから言われるチームになっています。

今、新しいチーム作りをしているこのリーダーが
どんなチームを作っていくか
これからがとても楽しみです。

一人ひとりが主体的に動くチームを目指して
「どうしたらいいと思う?」
と質問を投げかけ、話を聞く。

これからもこんなリーダーを
私は応援していきたいです。

いち早く情報をお届けする
メルマガのご登録はこちら